固定費を楽天でまとめればネット回線だってタダに!?【楽天ひかり】

過去と現在の通信料の固定費見直し額は?

過去に加入していた「フレッツ光」と現在加入している「楽天ひかり」へのネット回線会社を乗り換えたことによって通信費の見直し額(固定費見直し額)を解説します。

 

▼ 過去・現在のネット回線比較 ▼

  • 過去のフレッツ光の通信費:9,000円※プロバイダー代を含む(月額)
  • 現在の楽天ひかりの通信費:1,980円プロバイダー代なし(月額)

上記の通信費を比較するとかなり固定費の見直しに効果がでています。

 

▼ 固定費見直し額(通信費)

 

フレッツ光(9,000円)- 楽天ひかり(1,980円)

=固定費見直し額:7,020円(月額)

 

月額7,020円固定費(通信費)を見直せたことは、かなりの見直し効果が出ているのがお分かりでしょうか?

固定費見直し額(年間・10年間)

  • 年間の固定費見直し額   :7,020円×12か月=84,240円
  • 10年間の固定費見直し額:84,240円×10年=842,400円

 

ひろくま
ひろくま

「携帯電話やネット回線」などの固定費見直しは乗り換えるだけで、かなりパワーのある効果が得られます。

 

せつやくま
せつやくま

固定費の中では比較的かんたんに見直しできるのでやらなきゃ損ですよ

 

ひろくま
ひろくま

年間約90,000円の節約効果があるなら、その分好きなことに使いましょう!

管理人ならその分投資に回します

 

管理人が使用している「楽天証券」今後の老後などの資産形成のため、毎月つみたてNISAと個別に資産運用を行っています。

以下の記事では楽天証券での「インデックス投資株」の購入方法・楽天カードのクレジット決済がお得な理由など解説していますので、

固定費見直しでできた余剰資金で投資に回したい方は参考にしてみてください。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました