引っ越しマニアが断言!?ぼったくり引っ越し業者の見積り100%安くなります【節約】

引越し見積もり安くする引越しの節約

引っ越しマニアが断言!?引っ越し業者の見積もり100%安くなります【節約術】まとめ

 

 

 

単身者は荷物の多さで引っ越し業者を決める

荷物が少ない場合:「自家用者で運ぶ」軽トラ1台分以内の荷物なら「赤帽」などを利用すると引っ越しコストを抑えられます。

見積もりは競合させろ(1社だけではNG)

引っ越し業者を3社あたり決め、見積もり依頼をしましょう。

1社目で即決せずに「他社の見積もりを確認してから」と伝える。引っ越し業者の方から、値引きの交渉を持ち掛けてくる。

 

 

引っ越し費用をおさえるポイント

  • 引っ越しの見積もりを競合させる
  • 値引き後さらに値引きさせる
  • 時期を選ぶ(引っ越し代金が安い時期。繁忙期2.3.11.12月は避ける)
  • 平日を指定する
  • 時間指定しない
  • 不要なものは処分する
  • 自分で荷造りする

以上のポイントをおさえると比較的に引っ越し代金を安く抑えられます。

今回は引っ越しの代金の見積もりを安くする方法の他、引っ越し費用をおさえるポイントを紹介させていただきました。

 

こちらの記事は自分が引っ越した際に、見積もり時の値引きの方法など実体験を元に作成しましたが、値引きの金額などは引っ越し業者によってさまざまです。引っ越しの相場等も日々変動するのでこの限りではありません。あくまでも参考程度にしてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました